【EJDC-2】てっぱく キハ41307を作る そのD

2012/1/3 | 投稿者: ヒネリ

新年あけましておめでとうございます。
キハ41307てっぱく保存車も年を越してしまいましたが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

■車体へのパーツを取り付
 今回、車体への手すりとして使用しますのは、タヴァサホビーハウス社製PN-1404 旧型国電用手スリを使用します。
クリックすると元のサイズで表示します

特徴として、手すりの取り付け部分に“ヒゲ”と呼ばれる出っ張りがあるのが特徴です。
“ヒゲ”と呼ばれる出っ張り部分は、溶接技術が確立されていない戦前から昭和30年代前半頃の車両に多く使われています…(余談)

クリックすると元のサイズで表示します
タヴァサホビーハウス社製PN-1404 旧型国電用手スリ説明書

クリックすると元のサイズで表示します
まず側面のパーツから取り付けをします。
シル帯下の乗降扉両脇に、手すりセット「A屋上用手スリ1o幅ヒゲ付」の取り付けをします。

クリックすると元のサイズで表示します
削り落した銘板部分には、kitchnN社製 903F楕円銘板を取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します
楕円の中の字は読みとれないぐらい小さいのですが、楕円銘板の上部分には「鉄道省」らしき物を、下部分には製造プレートらしき物を取り付けます。


クリックすると元のサイズで表示します
車体中央には、ペアーハンズ社製 NP-084車側ドア灯を使用します。

クリックすると元のサイズで表示します
遠州鉄道時代に乗降扉の自動化が行われた時に取り付けられました。

尚、シル帯にまたがる、手すりは塗装後に取り付けます。


前面部分にパーツを取り付けます。
クリックすると元のサイズで表示します
シル帯部分には、手すりセットの「F手スリ1o幅(短)」を取り付け、車体裾のジャンパー栓は、タヴァサホビーハウス社製PN-489 電車用ジャンパー栓を使用します。

クリックすると元のサイズで表示します
車体に取り付けるジャンパー栓には、銀河モデル社製のN-032 ジャンパー栓旧型車体用(閉)を取り付けます。

尚、前面ガラス部分の手すり及び、標識掛け部分は塗装後に取り付けます。



次回は、屋根の加工を行います。


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ