2008/12/11


 
慣れるって すごいんだけど、反面怖いと思う

正常だったころを忘れずに
今を普通と思わないで
早く元にもどることを考えていくね


ブログ
ここは、teacup というらしいですね

やっぱりAOLのほうが扱いアやすかったなぁ

でも、しばらくはここで様子を見させていただきます
0

2008/12/7

E39ハイライン ツーリング  おくるま

クリックすると元のサイズで表示します

 気になってたんだよね

 ライトの汚れ

 早起きして、せっせとお掃除しましたよ

 分解して、レンズやカバーをキレイキレイ

 ついでにバルブを3600kから4800kへアップ!

 明るさもさることながら
 キレイキレイした効果で、すっきりしました♪

 朝の作業だったので、夜が待ち遠しかったですよぉ

 キラッと光ったライトを撮影して、ご満悦になってしまった

 でめたし でめたし



追伸
  AOLダイアリー終了ってメールきたけど
  困ったなぁ
  どうしよ。。
0

2008/12/3

どこまで  そのとき感じたこと

 
 出口の見えないトンネル

 今いる道が正しいのかどうなのか

 前に進んでいるのか、後退しているのか

 まさしく、暗中模索の状態

 でも、恐れてはいけないんだよな

 動かなければ、光は見えてこない
 じっとしていても、出口は見えないのだから・・

 きっと
 考え方、見方を変えることから始めてみればいいのだろう

 正面からだけとらえるのではなく
 いろんな角度から見ることが大切なんだろうな

 明日、みんなに話してみよう

 次の、あれを

0

2008/12/2

なぜなのぉ〜?  そのとき感じたこと

 
 不思議なことがあります


 おいら
 足の裏を触られるのが超苦手

 指先がちょっとでも触れようものなら
 全身に100万ボルトの電流走り〜の

 画鋲を踏みつけたがのごとく
 ロケットのように飛び跳ねてしまうのでする

 時々、スパのマッサージを受けるときも
 足の裏だけはやらないようにお願いするのだ

 
 なんだけど
 そうなんだけど

 なんでかなぁ??

 自分で足の裏をさわっても
 なぁ〜〜んともない
 
 100万ボルト電流どころか
 ツボを刺激して、超気持ちイイ〜

 人がさわるのと、自分でさわるのは
 同じ触るだから、どちらも100万ボルト電流だと思うんだけどなぁ


  変なの
0

2008/11/29

慣れちゃったよ  そのとき感じたこと


 慣れちゃったよ

 今の生活

 元々、仕事人間だったから
 このくらいの負荷ってなんとも思わない

 初めの一週間はちょっときつかったけど
 今は、へっちゃら

 それどころか
 他に何かできるかなぁ なんて思うようになってる
 
 
 年内はこのままなのかなぁ

 
 デスクだけで仕事しているオッサンよ
 もうちょっと、周りに目を向けろよ

 俺は大丈夫だけど
 今はいいけど
 そんなに長くはもたないぞ

 そうなったら・・・

0

2008/11/26

先見の目  そのとき感じたこと

 
 先を見抜く力

 客観的、主観的
 両方において、先見性は身に付けておきたい

 自分の行動に歯止めがかからなくなる

 なんてことは決しておきない

 なぜなら
 先が見えるから・・・

0

2008/11/19

お熱いのが好き?  そのとき感じたこと


 
猫舌なんです

 しかも、超がつくくらい

 でも、
 なぜかパスタだけは、熱くてもいけちゃうんです

 パスタは熱くないとおいしくないですよね

 できたての
 鍋から移したその瞬間が一番おいしい
 
 鍋に多目の水を入れ、パスタと塩を投入
 
 茹でる時間は、パスタによりさまざまですが
 おいらは、規定の時間より若干長めに茹でます

 7分が規定なら、7分30秒〜8分
 弱火でとろとろ茹でるんです

 アルデンテに近い状態で茹で上がり
 さっと鍋から皿へ盛り付け、オリーブオイルをからめる

 あらかじめ用意しておいたパスタソースをたっぷりかけて

 と、鍋から皿にパスタを移して
 ソースをからめるまでの作業時間、約1分
 時間との勝負

 あっつあつの状態でテーブルに運ばれたパスタを
 熱が冷めないうちに、一気にいただくのが
 おいら流
 
 口の中がやけどしそうなくらい熱いけれど
 それ以上に、パスタのうまさを堪能できる満足感から
 猫舌のおいらでも、我慢できちゃうのだ

 パスタは
 長時間にわたって体を動かすようなときに、よく食べます

 好きなソースは、トマト系
 やっぱり基本の、ボロネーゼはいいよね

 猫舌なので
 冷製パスタも大好きです

 ピリッと胡椒のきいた
 冷たいスープにパスタをからめて食べる
 夏は、これがかなりいけますね

 来年は
 きっと、今以上にパスタを食する機会が増えるのだろうな
 
 パスタの種類、原料、茹で方、ソース などなど
 幅広く知識を吸収して
 さらにパスタをおいしく、楽しくいただけるように
 ロケーションも含めてトライしていきたいですね

0

2008/11/17

この感じ  そのとき感じたこと


 
この感じ

  喜び、高揚、緊張、時を感じさせない空間

  いや 違うな 
  間違ってはいないけど、それじゃない

  きっと 『安心』 なんだよ

  離れていると、わけもなく不安になる
  逢いたいと思う気持ちが強くなり
  早く進めることのできない時間の経過を待ち
  どうしようもできないジレンマと戦う

  
  そうなんだよ
  同じ空間にいること
  それが 愛 を感じることができる唯一のアイテムなんだ

  思えば
  遠慮しがちに決めてきた、「いつ逢おうかルール」
  決めたときはよかったけれど、すぐに更新されてしまったね
  それは、逢えない時間の谷間に入り込み
  そこから抜け出せずに苦しんだ結果だった

  
  やっぱり
  いつも なんだね

  わかったよ
  谷間なんてあってはいけない
  毎日の繰り返しの中で
  ほんの一瞬でも、存在を感じていないと
  もう、ダメなんだね

  少し考えればわかることだった
  愛する人と、少しでも長い時間を共にしたいのが普通なのだから

  遠慮する必要はないよね

  愛し合っているのだから


0

2008/11/16

あるんだねぇ  そのとき感じたこと


 ネットで検索しただけなのに
 あるんだねぇ

 お買い得なマンション

 思わず買っちゃおうかなって
 でも、不動産ですから
 衝動買いはダメね

 小物を買うんじゃないんだから
 不動産くらいは、自分の足で見つけなきゃ

 来年の今頃は、もしかしたら・・・


 
0

2008/11/14


 
先日、買い物をしていた店での出来事

 スーツを新調しようとショップの店員さんと
 けっこう長く話しをしていました

 そのとき
 80歳くらのご婦人が店に入ってこられ
 おいらと話しをしていた店員に商品の場所を尋ねてきた

 店員は、おいらの相手をしている最中にご婦人から声を
 かけられたのが億劫だったのか
 ご婦人が求めている商品のある場所を指差して
 「あちらの右手に行かれた角のところにございます」と
 一応、丁寧に応対していました

 ですが、そのご婦人
 店員の説明だけではわからなかったらしく
 「どこですか? 初めて来たのでよくわからないのですが・・」
 と、店員に聞きなおしていた

 するとその店員
 いわゆるぶっきらぼうな表情というか
 いかにも案内するのが面倒というような態度で
 そのご婦人をすぐ近くにあった商品の場所まで案内してあげた

 案内されたご婦人は、その店員に向かって
 「お使い立てして申し訳ありません」と、静かに礼を述べていました

 おいらは、そのご婦人の言った言葉に驚きました
 なんと良い響きを持った言葉なのでしょう

 「お使い立てして申し訳ありません」
 これは言えません
 
 どうも〜 や、ありがとう は言えても
 この品格のある言葉は使えないでしょう

 まさしく美しい言葉というのでしょうね

 おいらは、久しぶりに美しい言葉を聞いたような気がして
 気持ちがすごくなごみました

 そして、ぶっきらぼうな店員の態度が
 ご婦人のその言葉で一変したのは言うまでもありません


 これから英会話を習おうとしているおいら(実は40の手習いだったりして)
 
 まだまだ、日本語の語彙について
 品格ある言動を身につける必要アリと認識したのであります

 「お使い立てして申し訳ありません」
 美しい言葉ですね


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ