2011/8/20  4:23


 なでしこJapanが、ワールドカップで優勝し、東日本大震災で沈む日本国民に勇気と希望を与え、その快挙を知らぬ人はいないだろう。
 しかし、長浜出身で同じく日本の名誉を背負い世界と闘った英雄を知る人は少ない。その英雄達を紹介したい。
 第4回アメリカンフットボール世界選手権オーストラリア大会に日本代表として長浜西中出身の2名の選手が選出された。
一人は脇坂康生氏(42才)ポジションDL(ディフェンスライン)松下電工インパルス所属(長浜西中〜虎姫高校〜日本大学)開催された世界選手権総てに日本代表に選出され第3回大会では日本チームの主将を務め、今大会では日本チームの最年長選手。日本アメリカンフットボールの鉄人。
そしてもう一人が、東野稔氏(36才)ポジションQB(クォータバック)アサヒビールシルバースター所属(長浜西中〜大阪産業大学附属高校〜立命館大学)大学時代から日本一のQBと呼ばれ大学3年時に立命館大学を初めて甲子園ボウル優勝に導くも、その後怪我に悩まされながらも日々精進し初の日本代表に選出された。
二人を含む日本代表は、去る7月8日から開催された世界選手権オーストラリア大会(参加8ヶ国:アメリカ・メキシコ・ドイツ・オーストラリア・カナダ・フランス・オーストリア・日本)において銅メダルを獲得。今大会において脇坂氏は、対フランス戦においてMVPを獲得。また東野氏も同じフランス戦後半から出場、パスで64ヤード1TD(タッチダウン)獲得する等々、二人とも大活躍だった。
同じ長浜西中出身の二人が、アメリカンフットボール日本代表に選ばれたのは偶然ではない。長浜(湖北)の地が、アメリカンフットボールを長年育んだ土壌であったことを忘れてはならない。ここで長浜(湖北)におけるアメリカンフットボールの歴史を紐解いてみたい。
昭和25年(1950年)長浜四中(現南中)にタッチフットボール部(現アメリカンフットボール部)が創部されたことから長浜のアメリカンフットボール(以下フットボールという)の歴史が始まる。指導者の熱心な指導と選手たちの意欲ある練習の結果、翌昭和26年(1951年)3月に開催された第一回関西ジュニアタッチフットボール大会において決勝戦において関西学院中学と対戦20−12で優勝を遂げた。この優勝は、大きな反響を呼び、その後長浜市内をはじめ近隣の中学校でタッチフットボール部が創部されていく。中学タッチフットボールの隆盛により昭和26年(1951年)第6回の甲子園ボウル(東西大学対抗王座決定戦)の前座試合に関西中学校選手権と銘打って開催されることになり選手関係者に大きな目標となり長浜のフットボールの発展に大きな役割を果たした。また、その影響は高校にも波及し湖北の高校にもアメリカンフットボールが数多く誕生することになる。こうして日本の一地方でしかない長浜を中心とした湖北に、アメリカンフットボールが根ざしていった。特筆すべきは、この地域のみが、このような普及が成功したことである。他地域は大学を中心として私学の一貫教育により下部(高校・中学)へ波及するしかできなかった。しかし、長浜を中心とした湖北地域は、中学から高校へと底辺から波及し、地域で育まれ発展していった。こうしたことからアメフト王国長浜と呼ばれる一因となっている。
アメリカンフットボールの試合は国と国との争い(WAR)を連想させる。選手の個々の能力は勿論のこと情報収集・分析、作戦等々後方支援が重要である。つまりチームの総合力の戦いである。有る者と無い者では、有る者が有利であることは当然である。
昭和26年(1951年)初めて甲子園ボウルで中学の試合が開催された時、長浜南中の選手達は、芝生の滑り止めのためにわらじ履きで試合に挑み、スパイクを履いた関西学院中等部に見事勝利した。
有る者に妬み嫉まず。無いことに悲観せず卑下することなく。高い目標を掲げ、足らざるものを認識し、創意工夫と自らを鍛錬し技を磨くことで補う。『わらじの精神』が脈々と引き継がれている。これが長浜(湖北)のアメリカンフットボールの特長である。その顕著の例が、虎姫高校アメリカンフットボール部YOKELTIGERである。毎年春に開催される関西選手権の41年の歴史の中で18回の出場と5度の準優勝を遂げている。
長浜の地で育まれ日本代表として闘った二人の功績を多くの市民に周知する事で、長浜市民の新たな誇りが芽生え、また少年達に夢と希望を与え、次世代の長浜出身の日本代表を誕生させることも夢ではなくなるのではないだろうか。
9

2011/1/18  16:08

リニューアル  アメリカンフットボール

正月休みを利用してHP全面リニューアルしてみました。シンプルにしてみました。
 皆様ご感想を聞かせて下さい。

 毎年、正月はライスボウルを必ず見るようにしているのですが、今年は勝敗と関係なく我が高校の後輩パンサーズLB猪野君の大活躍で興奮してテレビ観戦していました。

 

 1月15日 恒例の正月ボウル長浜南中対長浜西中の撮影に長浜ドームへ

また1年が始まりました。01年用ののページも増やしました。今年は我が滋賀のチームはどんな活躍を見せてくれるか楽しみにしています。
5

2010/11/22  23:14

ささやかな夢  アメリカンフットボール

 ちょと古い話なのだが、なんか女子バレーが世界大会で久々の銅メダルとかでおめでとうございます。

 そこで監督が今話題のIパッドを使ってリアルタイムで状況分析していたとかで、新聞を賑わせていた。

 アメリカンフットボールの世界では、状況分析なんて、そんなん当然のことであり中学生の試合でもやってまっせと、突っ込みを入れたくなるのは私だけだろうか。

 まくらはこれくらいにしまして、前月最終日全国大会一回戦立命館守山対大産大高戦撮影に行ってきました。

 当然、その日のお仕事は早朝4時まで、徹夜状態で王子スタジアムに赴き、おまけに二日前から腰痛が私を苦しめ、加えて大雨ですわ。

 それだけも初老に入った私には過酷なことですが、キックオフが15:40からナイターの試合なのでなかなか思ったような写真が撮れませんでした。

 昨日は新人戦準決勝戦。場所は自宅から10分の神照運動公園11時からのキックオフ。
久々に睡眠時間がとれるかと思いましたが、その日に限って残業ですわ。帰宅が早朝5時撮影の準備等々してましたらお空が明るくなってきた。

 ちょっとでもと思ってベッドに入る。目覚めたのが10:30
あわてて会場に走る。がもう始まっていました。本日は準決勝の2試合だけと聞いていたのだが、何故か前日一回戦で負けた私の後輩達がいそいそとスタイルに着替えている。

 なな何と5位決定戦もあると。 聞いてないよ〜
我が母校が試合をするこれは帰るわけにはいかない。結局3試合撮影してそのまま深夜のお仕事へ。

早朝4時に帰宅して写真整理して、HPにUP終わった頃 テレビはズームインがとっくに始まっていた。
  

 ベストな状態で写真を撮りたい。ささやかな夢です。

 
2

2010/10/23  21:21


おこっては行けないことがおこってしまった。

虎姫高校中川監督が急逝なされました。

訃報に接した時は、驚愕のあまりに茫然自失になりました。

 本当に素晴らしい指導者でした。滋賀県のアメリカンフットボールを背負ってもらう人材でした。

 先日の秋季高体連決勝戦でも、来年を見据えたチーム作りをしっかりなされていることが判りました。

老少は不定とはいえ、あまりにも早く逝ってしまった中川監督のご冥福をお祈りします。

 故人を偲んで追悼の意味を込め、小生が保有している写真をスライドのまとめて公開することにしました。

 また先日、彼が情熱を燃やした虎高アメフト部5年間の記録を刻んだDVDをご遺族の方にお渡しすることができました。

 小生手作りなものですのでご満足頂けるかどうかは判りませんが、是非ともご子息が物心ついた時に見てほしいと思います。

 貴方の御父様は熱い情熱と指導力を持つ素晴らしい人だったんだよ。
17

2010/10/23  21:07


秋季高体連も終わり、久々に中学校の試合のお誘いがあり秋季中体連の撮影もできました。


ここで皆様にお詫びとご容赦願いたいことがございます。

実は私仕事の関係で蝙蝠のような生活を送っております。ずぅうううと夜勤でございます。
勤務終了はAM4時頃です。

 試合当日は仕事終わりの徹夜で行ってます。そしてそのまま仕事に赴きまた4時過ぎに帰宅し、撮影した画像を整理し、HPにUP作業をしております。

二徹です。半世紀を越えた私の肉体には相当キヴィしぃぃぃことをしております。

 当日楽しみに訪問下さる皆様、なるべく早くHPにUPするようにしますので、少しUP遅れることが多々ありますがご容赦下さい。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ