ある【anarchist】伝   ある【anarchist】伝

危ないこともほどほどにという時代になった。

あの大杉栄虐殺の時代に戻ろうとしている。真っ白な日本に戻そうとする為政者たちの偽善ぶりは明白なれど、時代ははぐれ者を徹底的に排除しようとしている。

こんな題を付ければある種の監視対象にもなるのかもしれないがそれでもいいと思う。
アクセス解析が異常に増えれば分かる。

いまこそ魔界から竹中労を呼び戻せ!!

竹中縁者から誤解を受けても彼の精神は引き継ぎたい。

私は一度だけ自分の拙文を削除したことがある。しかし、それは自らに恥じ入る行為ではないと今でも思っている。
竹中死生観はそのことをオープンにすべきなのだと断言できる。

ここのところ抽象的で申し訳ありません。
具体的に書けない事情お察しください。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ