剣三部作  邦画

37歳の若さでなくなった市川雷蔵、彼の代表作を改めて見なおした。
テレビ等で部分的に見てはいたが、きちっとした鑑賞は初めてである。

クリックすると元のサイズで表示します

静寂の中での剣さばきが冴える、シリーズ一番の出来。

クリックすると元のサイズで表示します

大学剣道部の内実をある種の「潔癖」で描ききる。
クリックすると元のサイズで表示します

居合いの名手として、チャンバラシーンが楽しめる。

あらためて市川雷蔵の冷静な目が印象に残る。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ