こんな人あんな人  邦画

例の豊田真由子議員、とんでもないご仁とされているがこのような人はいる。
私は何人か知っているし、一緒に仕事らしきこともしたことがある。

私だったら彼女とそこそこ仕事ができるような気がする。
私こういう頭の良い人は実は好きなのです。

対等に口を聞いてあげれば仕事はうまく行きます。

はみ出し者、やくざ者等々、根は結構優しいのです。

______________________________

クリックすると元のサイズで表示します

若松ピンク映画の一本なのだが、通常のピンク常設館で上映されたとも思えない。
当時のアングラ映画、政治映画に近いものを持っている。
後に日本赤軍に行った足立正生の脚本が「革命のための革命」をいい、極端なリンチ場面は過激派の内部を暗示しているように思える。

こんな時代が確かに1970年代にはあった。

______________________________



残念な結果!?


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ