亜樹ちゃんが孫だったら・・コメントの続き(笑)  歌姫 東亜樹

初めての訪問者は前日のコメント欄からご覧ください。

音楽に造詣の深い、知人文さんのためになる「東亜樹」論、短文ですが鋭いところついています。
みんながすごいと持ち上げているだけでは、やはり進歩はないでしょう。

大人への声変りがどの程度のものなのか私にはわかりません。
しかし、どこかに迷いがあることは私にもわかります。

違った人の意見は私にもとても新鮮に映りました。

____________________

亜樹ちゃんが私の孫ではと勘違いしたことこれは素直に嬉しい。
私の自宅のソファーに座っている画像があるわけですから、無理はありませんね。

あの動画を撮ったのが去年の4月頃でした。
「亜樹旅日記」という題名を思いつき、第一作目ができたときは嬉しくはあったのですがここまでは「泥沼」(笑)にはまり込むとは思ってもみませんでした。

一作目は何のひねりもなく「出会いと別れ」という映画の基本を踏破しただけのものでした。
それが妙に評判がよく今でも見てくれてる人が多い。

そんなことがあるから人生は面白いと思いますね。

何が起こるかも先は誰もわかりませんもの。




0



2019/1/9  20:01

投稿者:とみやす

コメントありがとう。
ブログに転載させていただきます。

2019/1/9  11:10

投稿者:文

早速、聴かせて頂きました。
いや〜、末恐ろしいですね(笑)。
声が完成したら、非凡な歌手になるんじゃないかと思います。

演奏は古賀メロディーギターアンサンブルとなっていますが、
オーケストラもでしょうか?

『誰か故郷を想わざる』の1コーラス目、
……"歌をうたった帰り道" の部分の歌い上げが特にいいですね!
静かに歌い始めて、その部分で情感ゆたかにふくらませる。
お見事。

とみやすさんも、応援しがいがあるというものですね(#^^#)

恋をしている人はステキです。
対象が人であれモノであれ、はたまた仕事であれ、恋してる人は
美しいです。
とみやすさん、美しいですよ(#^^#)v

※無法松……のほうの歌詞が後半、書いてないのは……?
 紙数が足りなかったのかも?

つまらない感想で、スミマセン(^^;)

2019/1/8  12:31

投稿者:文

本日、頂きました。
ありがとうございました!
おお〜、『無法松の一生』を歌っているんですね。
楽しみに聴かせて頂きます。
『誰か故郷を……』も大好きな曲です。

古賀メロは難しく、しっかり歌える人は僅かです。

聴きましたら、また書き込みさせて頂きます。

※お湯吞みもありがとうございました<(_ _)>
とり急ぎ、受け取りのご報告まで。

2019/1/7  19:55

投稿者:とみやす

CDの中身はこんな感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=_AmHYEWKvUE&t=45s
私が宣伝用に作りました。

2019/1/7  19:31

投稿者:とみやす

こんばんは
是非視聴してみてください。
そして、少しばかりの評論していただければと思います。
原稿料の代わりとして、もらってください。

普通郵便で発送していますから、うまくいけば明日ぐらいには到着す
るかもしれません。
よろしくです。

2019/1/7  11:23

投稿者:文

ええー、それは申し訳ないです。
ちゃんと買わせて頂きますので、値段をお教え下さい。
すぐに振り込みます。
よろしくお願い致します。

2019/1/5  14:15

投稿者:とみやす

大した分析だと思います。
おそらくこのブログ数少ない亜樹ちゃんファンが見ているから、亜樹
父にまでこのことが伝わるかもしれません。

ところで亜樹ちゃんが歌っている古賀メロディーCD「音楽和也」私が
少しばかりスポンサーになっている関係から、手元に在庫あります。
進呈させてください。
住所は変わらないですね。

楽しみにしていてください。

2019/1/5  12:12

投稿者:文

ひぇぇ……造詣深くないっス(^^;)

でも、いいなぁ、とみやすさん。
とーーーーっても楽しそう!
充実してますね。
その情熱、ただただ羨ましいです。

東さんの『影を慕いて』ですが、多分「月に」※「やるせぬ」
の※部分、ブレスレスだったと思います。
(譜面を確認してないんですが、恐らく……(^^;)
あと、まだ声が子供のそれなので、高音部が裏声になってしまう
んですよね。
そこがちょっと残念ですが、あとはもう、舌を巻く上手さ!
古賀メロ、大好きなので、こういう歌唱に接すると本当に
嬉しいです。
何か、ものすごい儲けものをしたような気分です。

将来(それも、近い将来)が、楽しみですねぇ。

色々な言語で歌えるということですが、それは耳の良い証拠
です。こればっかりは天性でして、東さんの天才たる所以
ですね。

ひばりちゃんも、英語教育なんぞエの字もない人でしたが
彼女の英語の歌を聞いて向こうの人が「驚くほど正確だ」と
言ったそうな。
ひとえに『耳の良さ』です。音楽は、実は、コレが全てです。

あとは、オリジナリティでしょうか。
そこで、どんな力が発揮できるかにかかってるかも。


そう。ともかく、とみやすさんは幸せな方です!

新年のご挨拶のつもりが、ぐだぐだ、すみませんでした。
今年も、東さんの応援をがんばって下さいね。
SHIROさんも、元気でね〜〜〜〜(=^・^=)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ