どうも!?  YouTube

動画どうも好評なのが何か気持ち悪い。

評価の手の平返しがさらに素直になれない。

矮小なグッツがどうとか、実はここまでくればどうでもよいことなのだ。
コメントは書けない。

この作品は本当に真剣に作った、私にとっては渾身の一本である。
このまま、ファンのためにだけ公開していてはダメなような気がしている。
私の功名心というよりは、映画ファンとして、生きてきたあかしとして少しばかり世に問いたい部分がある。
 
いま有料でもよいから、宣伝してみようかと研究している。

明日、動画出演してくれた叔母にコピーしたDVDをもっていこう。
世界デビューです(笑)。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ