映像詩に挑戦してみました。  YouTube



日活ロマンポルノだけ語っていては、あまりにも一面であるから(笑)、健さんを語らせてもらいました。
動画を作るにあたって音楽を提供していただいている「ANDY」さんには本当に感謝しています。
これほどぴったりする音楽を無償で提供いただいていること、私には奇跡のように感じています。

東亜樹に振られて(ということにしておいてください)(笑)も、全く音楽に困ったことはありませんでした。

映画を見るにあたって、音楽はとても重要なことは誰でもわかっていることですが、いざ自分で使うとなるとこれは実に難しいことになるわけです。

私は、音楽は自分自身が繰り返して聴けるかどうかが選択の基準になります。
ANDYさんのものは不快に感じる音楽はほとんど存在しません。

ゲームを全くしない私は、ゲーム音楽だけは苦手になるでしょうか?

今回のものは気に入った一曲に健さんのすべてを入れてみました。

「冬の華」が実質最後の任侠映画になるわけです。

それ以降の「いいヤクザ」はどこかに違和感が存在しています。
膨大な数のファンが存在する健さん、少しでも気に入っていただけると嬉しいです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ