no.6■「海はふりむかない」1969年・評価【3】  邦画

<当時絶大な人気を誇っていた西郷輝彦主演による恋愛物語。兄が社長令嬢と結婚するために恋人の美枝を捨てたことを知った弟・礼次は、彼女への同情を抱く。しかし、いつからかそんな気持ちが愛情へと変わり始め…。 >

かなり不出来な一本、この評価は大甘なのですが、尾崎奈々のファンとしてはこれでいいのです(笑)。
彼女、早く引退は某映画監督の奥さんらしい。

話の肝は、恋人の病気つまり、広島と原爆症、白血病の認識が当時としてもやや不足していたと思われる。

クリックすると元のサイズで表示します


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ