女のために死ねるか?  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


「多十郎殉愛記「」80歳を超えた中島貞夫監督作品
安心して見られる時代劇
高良健吾、多部未華子の出会いの場面の切なさ、こういう場面は若い監督にはまねができないでしょう。

高良健吾の腰の低いチャンバラシーンは見もの
http://www.megane-tomiyasu.com/original8.html  118番に登録

クリックすると元のサイズで表示します

腐っても鯛
訳ありグッチサングラス
こういうものは一定の需要はあります。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ