年末と仕事と動画  本業(金属加工)

年末はどうしても仕事が立て込んでくる。
それでもやはり不景気感はぬぐえない。

この年になっても最低限の会社の要求にはこたえたい。

社長に動画のDVDとCD進呈したが、全く反応がない。
おせっかいを承知の話だけれど、少しばかりがっかり。

私も家に帰れば、一応社長業らしきことをしている。
経営者としてこれからの時代、必要なものは芸術的センスだともいわれている。

この年齢になるとある程度の読みができ、それが極端には違わないだろうことは自信がある。

それが経験のなせる業のようにも思える。

芸術は「予感」といわれる。
それが存在して初めて人を感動させたり、恐怖に似た感情を呼び起こすことができる。

私もつまらないといわれようが、延々と動画を撮り続けている。
ほんの少し「予感」めいたものを入れてはいるつもり。

結局私のために作り続けている動画。
だから一定以上顧客が訪れない原因でもある。

それが私には快感ではある。

全くまとまらない変な文章になりました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

ジョンレノン人気は相変わらずです。
私の欠点は、ある日突然深みにはまりたくなること。
「ヤフオク」危ない淵まで来ているのだ。

それはおそらく顧客には分かりつつある(笑)。

(笑)がついているうちは大丈夫か?
などと埒もないこと・・・を。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ