古関裕而  

クリックすると元のサイズで表示します

若い人が書いた古関裕而本
「モスラ」「暁に祈る」等々
知ってる歌がどっさり、軍歌の古関といわれたりもするが、実態は好きで好きでただただ作曲に没頭していたという話は面白い。

軍国日本をあおるということではない。
一種の偏見を持たなければ彼の軍歌の「哀惜感」には涙してしまう。

**********************

クリックすると元のサイズで表示します

少しですが複数仕入れました。売れると確信して!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ