No.025◆「ある日どこかで」1980年・評価【4】  洋画

<『スーパーマン』のC・リーブ主演によるファンタジーラブロマンス。新人劇作家・チャードは、運命的に出会った古びた女優の肖像画に魅せられ過去へと旅立つことに…。>

SF映画としては不満があるが、恋愛映画の切なさが良く描けていると思いますね。
当たり前だが美貌の女優がいてこそ成立するお話。

心中風ラストがいい。
ここだけでも久しぶりの洋画のよさを堪能した。

クリックすると元のサイズで表示します

「スーパーマン」もいつかは死ぬにしても、早すぎました。
1



2010/2/14  15:45

投稿者:とみやす

すまいるさん、こんにちは

素朴に人を愛することの強さがこの映画の中心だと思います。
人にはこんな時期が確かにあった筈なのに、いまはもう・・・(笑)。

日本映画を愛するものとしては、ラストは大納得!!

2010/2/14  15:09

投稿者:すまいる

とみやすさん、こんにちは〜。

これ大好きなんです、確かにSF映画としては不満が残るでしょうね。
でも雰囲気や音楽、スーパーマンの素朴さがいいんですよねぇ…。
また観たくなりました。

http://smilecinema.blog85.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ