No.081◆ 「Creature from the Black Lagoon 大アマゾンの半魚人」1954年・評価【2】  洋画

《アマゾン奥地のブラック・ラグーンに棲息していた半魚人を、倒錯的エロチシズムとサスペンスで描いたモンスターホラー。捕獲を試みる調査隊をよそに、半魚人は女をさらって逃亡する。“オリジナル・モンスター・コレクション”。》

作られた年代からすれば、優れた映画ということになるだろうけれど、私はどうにもつまらないとしか言いようが無い。
SFものは好きだけれど、なかなか納得出来るものは少ない。

クリックすると元のサイズで表示します


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ