No.087◆ 「女吸血鬼」1959年・評価【2】   邦画

《橘外男原作の「地底の美肉」を、“怪談映画の巨匠”中川信夫監督が映画化したホラー。松村伊都子の誕生パーティーに、20年間行方不明になっていた彼女の母・美和子が現れる。不思議なことに彼女は昔と変わらない若さで…。》

この頃は暇つぶしでDVDを借りる状態、日本映画をほぼ見尽くしなんとなく寂しい映画鑑賞になっている。
この映画も、全くもってつまらない。
いいところを探そうにもない(笑)。

新東宝、企画大蔵貢、後年はピンク映画専門の会社だったなとかどうでもいいことを考える始末。

クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ