No.133◆ 「ボクの女に手を出すな」1986年・評価【3】  邦画

《桑原譲太郎原作、小泉今日子主演によるサスペンスドラマ。六本木に住む天涯孤独の少女・黒田ひとみは、悪事なら大抵のことはやってきた筋金入りのワル。だが、ひょんなことから彼女は大富豪、米倉家の跡取息子・進の家庭教師をすることになり…。》

どうもすっきりしない映画なのだが、まずまずの完成度を持つ。
おそらく、小泉今日子の不良という役が似合わない。

クリックすると元のサイズで表示します


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ