No.158◆ 「よい子と遊ぼう」1994年・評価【1】  邦画

監督:平山秀幸
出演:佐藤広純、高野真吾、中村有志、高橋一生
『魔界転生』の平山秀幸監督による、ごく普通の少年たちに降りかかる恐怖を描いたホラームービー。有名進学塾に通う5人の中学生は、ひょんなことからとあるライブハウスに火をつける。逃げ出そうとしたそのとき、謎の覆面男が彼らに襲い掛かる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この映画はテレビ用に作られたものらしいが、贔屓の平山監督としては最低の出来だ。
不良中学生の万引き、この手の話はうんざりだ。
ホラーでもなんでもないのもおかしい。
年末に実に嫌なものを見てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


3



2010/12/31  14:42

投稿者:とみやす

すまいるさん、元気で何よりです。
NOVAさんにメガネを購入していただいたときに、電話でお話しする機会があり、すまいるさんのことが話題になったことがありました。
どうしているのかなあと思っていたところです。

すまいるさんのブログも拝見し、心の変遷が少しわかったような気がします。
私とて、店舗を張って商売していた23年間は、映画を封印していたようなところがありましたもの。

私ぐらいの年齢になると、いろいろなものから解放されてもいいと思うのですが、若いすまいるさんだと難しいかもしれませんね。

私の「心中考」は、敢えて温かいものからの離脱宣言でもあったと思っています。
「㊙色情めす市場」のなかでも少し書いていますが、何かをするには「狂疾」のようなものがなくては進まないような気がします。
絵に書いたような幸福感は、仕事師には必要なかろうと・・・。
どうでもいいお話でした(失礼)

「㊙色情めす市場」について
この映画はまだまだ、映画館に掛けても商売になるからレンタル等になっていないのかもしれません。
私も30年以上前に見たものだから、もう一度見てみたいと思っているのです。
めちゃくちゃな営業サイドの題名から想像もつかないドキュメンタリーのような凄まじさだったと記憶しています。

「よい子と遊ぼう」と万引き
商売していて万引きほど許せないものはないのです。
人を信用しないと商売にはなりません。

2010/12/31  12:12

投稿者:すまいる

とみやすさん、お久しぶりです!そして映画の記事から失礼します。
久しぶりのコメントが評価【1】の映画とは…。

「色情めす市場」は名前は聞いたことがあって、とみやすさんのブログで紹介された後レンタル屋で探したんですが見つからないし、オンラインレンタルでも取り扱ってません。内容が気になります。

僕は後半死んでましたが、今年もありがとうございました!
2011年verでも素敵な映画を色々と紹介してください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ