No.057/2011◆ 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」2010年・評価【2】  邦画

監督 : 山崎貴
出演 : 木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、山崎努
国民的アニメ『宇宙戦艦ヤマト』を木村拓哉、黒木メイサほか豪華キャストで映画化したSF大作。正体不明の敵・ガミラスの侵攻から地球を救うため、惑星・イスカンダルを目指す宇宙戦艦ヤマトの戦いの旅を描く。監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山崎監督「リターナー」は近代SF映画の金字塔だと思う。
で、このヤマトにもかなりの期待を持って鑑賞。
結論から言えばかなりつまらない。
技術的なものは、もうこの時代だから当たり前のレベルであり、別に驚きもしない。

ダメなところ、キムタクの恋愛場面がどうにも邪魔なのだ。
キムタク下手とは言わないまでも、どうにもこうにも緊張感が伝わらない。

オリジナルのアニメのほうが明らかな好戦的なイメージはあるけれども、主義主張ははっきりしていて好感が持てる。

クリックすると元のサイズで表示します

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ