No.062/2011◆ 「ネオ チンピラ 続・鉄砲玉ぴゅ〜」1991年・評価【2】  邦画

監督 : 高橋伴明
出演 : 哀川翔 、青山知可子、佐倉しおり、宍戸錠

『オルゴール』哀川翔と、セクシー女優・青山知可子が共演し、その後のVシネマ作品の雛形となったニューウェーブヤクザアクションをグレードアップさせた続編。鉄砲玉としての運命に翻弄されるチンピラ・順公のおかしくももの哀しい青春を描く。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の地方新聞で面白い記事を発見。
右翼はやくざより恐ろしいのだ」というようなことを言って若者を恐喝していた事件が掲載されていた。
やくざも右翼もどちらの諸君とも仲良くしたいとは思わないが、なぜか笑ってしまう。

「本当の人殺しは優男だ」と故竹中労が言っていた記憶がある。
当時彼の住まいにいろいろな人が訪ねてきたという。

虚勢を張るやくざよりも、すっと懐から道具が出てくる右翼っぽい人のほうがはるかに怖い。そうだろう。

余談、余談(笑)
あまりに映画がつまらなかったものだから・・。
青山知可子が結構好きなもので、借りたのだが彼女の見どころもほとんどない。
死んだしまった峰岸徹が元気なのがいい。
とぼけた味がいい。
名作「サード」のド迫力のやくざと比べると彼の確かな演技力を堪能できる。

クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ