気分を変えてもう一度  日々のこと

ブログのデザイン変えてみた。
つまらない映画をいつまでも書いている時間は、もうあまりないような気がしている。

自分にとって最良な映画はそうあるわけでもない。
DVDレンタル先も変えてみようと思っている。

あの伊良部が自殺した。
傲慢を絵にかいたような人の内面は優しかったのだろう。
自殺肯定論者」の私としてはさして驚きもしないが、それでももう少し生きていてもよかろうにと。
人は死のうと思ったら簡単なことだろう。
一方には自殺未遂を繰り返す人もいる。
生への執着の裏返しなのだろうけれど、やはり周辺は迷惑だと思うが、それでしかアイデンティティを確認できないのも哀しい。

ぎりぎりまで生きて生きてこそ人生、そして最後の最後まで「その手段」は取っておきたい。

画家の鴨井玲が自殺未遂を繰り返し、最後に完遂してから20年ぐらいになるだろうか?
彼の恐ろしく暗い絵にどこか心が引かれる。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ