所詮、火鉢は火鉢  邦画

「冷飯とおさんとちゃん」
製作年: 1965年
製作国: 日本
収録時間: 177分
出演者: 中村錦之助 森光子 三田佳子 千秋実 小沢昭一 佐藤慶 三木のり平 入江若葉 新珠三千代
監督: 田坂具隆
脚本: 鈴木尚之(鈴木尚也)
原作: 山本周五郎

美しい娘に一目惚れした旗本の四男坊が、趣味で集めた古文書でお上に召抱えられ、めでたく娘と結ばれる「冷飯」。肉体的奇癖を持つ女房から逃げるように旅に出た大工が、旅先で女房が恋しくなり江戸中を探し歩く「おさん」。売れない火鉢職人が、女房子供や飲み屋の女将の暖かい人情に励まされて精を出す「ちゃん」。人間の善意と暖かい心の触れ合いを描いた感動大作。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この頃、特に映画の感想が書けない。
この映画もとってもよくできていて、充分感動に値する。
特に三話目の火鉢職人のお話は、今でも商売人、職人と思っている私はボロボロ涙を流しながら見た。
いい人ばかりが出てきて、酔っぱらいのどうしようもない男を温かく包みあう。

時代がこういう人間と情緒を求めていただろうことは、想像できるのだけれどあまりに現代とかけ離れてしまったことに、暗澹たる気持ちにさせられてしまう。
もう、こういう人情話は無理なのだろうかとさえ思ってしまう。

一方、私は時代遅れの「職人魂」というべき行動は、映画の主人公のように愚直であってもいいとも思っている。

我々は「わかる人にはわかる」ということも体験している。
そうそう、こういうのが真の職人魂なのかもしれないと。

翻って、所詮「メガネはメガネ」と思う人は当店を訪れないはずだから・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


これは映画の感想文ではありませんね(苦笑)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ