白川和子嬢  邦画

田原総一朗の遺言 〜タブーに挑んだ50年!未来への対話〜
クリックすると元のサイズで表示します


http://www.megane-tomiyasu.com/main/ks01.htm
その中の一話「゛宣言゛ポルノ女優 白川和子」1972年作品これがテレビドキュメンタリーの衝撃作。

老人ホームでの白川と老人との性愛場面風が何の演出もなく、唐突に映される。

私の白川嬢に会った経験から言うと、かなりサービス精神が旺盛でそれが如実に反映された感動場面だと思うが、同時に違和感を持つ人もいるだろうと思う。
当時はポルノ女優というと明らかな差別意識があり、格下女優と見られていた。

白川が言うには当時ポルノが必要な人、つまりは性の現役の人はポルノは必要ではないわけで、特にある層の老人にはポルノは必要だったわけである。
老人ホーム慰問はそんなところからの発想だったようである。

この映画の老人たちはもう死んでるわけだが、いいお土産を持って三途の川を渡ったはずだ。
田中登監督の渾身の一作「㊙色情めす市場」のラスト老人との性愛場面が挿入されている。
映画を見たすべての人が、主演芹明香が天使になった場面でもあっただろう。

白川和子主演映画ベスト
@闇に浮ぶ白い肌
A一条さゆり 濡れた欲情
B恋狂い
C実録白川和子 裸の履歴書
D団地妻 昼下がりの情事


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ