嫌な映画他  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


マイ・バック・ページ」現在映画評論家でもある川本三郎氏の自伝的映画。
1970年代の映画、歌謡曲らがちりばめられ懐かしさいっぱいの雰囲気なのだが、映画そのものは妙に陰鬱な雰囲気で参った。

自衛官殺人に至る事件は当時も少しは知っていたが、改めて映画にされると、革命と殺人とマスコミの対比に説得力があるとは思えない。

それでも川本氏が、「キネマ旬報」に評論を書き始めたころを知っているものにとってはもう一面の彼を深く知りえたことは貴重だったと思う。
癖のない彼の映画評論は今でも好きである。

********************************閑話休題
がんばれスズキ自動車新型ワゴンRが今日発売がリコールと一緒だという。
リコール車は展示車だというが、何という体たらく、おそらく首脳陣は真っ青なはずだ。
新型車あまりにも地味だからどうなのだろうか?
ホンダの新型N-BOXに追っかけられ焦っていたのだろうか?
インドでの暴動もスズキの大きな負担。

がんばれと・・・
大企業といえども一度歯車が狂うと修正が大変!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ