シルビア・クリステルが亡くなり・・・  邦画

若松孝二監督まで死んでしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


猛烈暴力映画の向こうに私たちは何を見ていたのだろうか?
彼の映画に私は一度も欲情したことはない。
猛烈場面にいつもある種の同情のようなものを持っていた。

女優さんも大変だと・・・

そして、いつの間にか若松孝二はNHKの番組で子供相手にお話をしていたこともある。
「ようこそ先輩」で

ピンク映画の世界からも少しずつ遠ざかったのも、彼一流のテレであろう。
少しでも日陰で日陰でと思いながらも、晩年は立派な表舞台に上がった。

それでも私は初期のピンク映画が懐かしい。
日本暴行暗黒史」とか
主演吉沢健とか

もう、彼と仲良しだった大島渚も病床、竹中労もいない。

天国でも映画が作れそうだ。
・・・・・・・・・・
裸で革命を叫ぶ「セックスジャック」笑えるには笑えるが・・・

取り留めもなく彼の初期のピンク映画を思い出す。

天使の恍惚」主演の横山リエは今いずこ?

・・・・・・・・・・
   合掌!!
http://takenaka-kinenkan.jp/diary/index.html
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ