風邪気味ですが  洋画

今日は会社お休み、毎月かかりつけ病院に血圧の薬をもらいに行くのだが、風邪気味のため診察も受けた。
大したことはないのだか、用心には越したことはない。

クリックすると元のサイズで表示します


久しぶりの洋画「ザ・ウォーカー」近未来SF、地球が愚かな戦争で荒廃してしまい、それを一人の人間が救うというお話。
「聖書」の争奪戦が中心でいかにもアメリカ映画らしい。
しかしながら最近ではもっとも面白く私は鑑賞する。
こういうデジタル映画は大賛成である。
********************************************

クリックすると元のサイズで表示します


故郷はあくまでもやさしく包み込むものということが大前提の映画。
「船を降りたら彼女の島」
主演は木村佳乃、この人の演技をきちっと見たのはこれが初めて。
癖のない演技は好感は持てるが、深みのある演技は期待できないように思える。

それにしても、この映画の善良さは何なんだろうか?
田舎の描き方があまりにも単純、素敵な両親、素敵な友人関係、、、

わたしと無縁すぎる世界でした。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ