鬱の力  

クリックすると元のサイズで表示します

軽い読み物としてはいいと思う。
何しろ一円本だから

「悲しい時には悲しい歌を聴きたいものだよ」
その通りだと思う。

私たちは悲しみから力をもらっているのだと・・・。

私は昔から暗い映画が大好きだけれど、それが自分の個性だと思っている。
*****************************************************

相変わらず日本の景気は良くないけれど、何か潮目が変わったようだ。
きっとオリンピック誘致も成功するだろう。

しかしながら日本全体の鬱気分は変わらないような気がする。
もう日本という国は下り坂に差し掛かっているわけで、ゆっくり周囲を見ながら下っていくことだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・
個人としたら、自分自身の後始末を考えながら仕事をすることになる。
それでも体力のあるうちに、今一度花を咲かせたいところもある。

完全な人嫌いではないものの、人疲れは如何ともしがたい。
それでも人と接触をしたい。
好きな人、気に入った人には会っておきたい。

人としては、やはりそこに行き着くのかしら。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ