複式メガネの怪  家業(眼鏡)

本屋の親父のメガネといえば、何故か跳ね上げメガネが定番。
跳ね上げメガネには二種類ある。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これが単式メガネ
近視の場合⇒跳ね上げて読む
老眼の場合⇒跳ね上げて遠くを見る

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これが複式メガネ、レンズを二組使う常に度数が必要な方⇒近視、遠視等、組み合わせが色々考えられ、用途により複雑になります。
一般的には老眼を全面に付けますね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ