懐かしく  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


映画「女渡世人」、やはり美しい藤純子、それに比べては気の毒だけれど娘の寺島しのぶ、なんとも不細工です。
演技派として生きるしかないことがわかります。

改めてこの映画を見て藤純子の身のこなしの軽々しさ、着物の裾捌きの見事さ、もう一度「緋牡丹博徒」シリーズ見ようと思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ