たけし映画への疑問  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


「アウトレイジ ビヨンド」前作よりかなり出来は良い。登場人物が整理されわかりやすくはなっている。
一流の俳優陣が大挙出ていて、北野武が今や大御所監督であることが証明された形でもある。
男優たちが気持ちよくヤクザを演じていることはわかるが、この映画の存在価値が見いだせない。
人があまりにも簡単に殺され過ぎるのは気持ちがいいものではない。
たとえそれがヤクザでも・・・。

もうたけしの暴力映画は飽きた。

晩年の黒沢明、宮崎駿、北野武、みんな同じように晩年の作品はつまらない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ