コント55号  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

ある作家がほめていたから鑑賞する。

まずそんなことがなければ見ることもなかっただろう。
で、どうだったかといえばまずまず面白い作品だったと思う。

原作山本周五郎「ひとごろし」
後年の松田優作主演の「ひとごろし」が結構な傑作であったことを考えると、原作の奇想天外さがおおいに助けているのだろう。

***************
桜がぼつぼつ開花
日本人のさくら好きは異様であるが、なんとなくわかる気もする。通勤途中いくらでも目に入るがあまり楽しめないな(笑)。

************
最近「ラミネーター」を購入。
少し上質で厚い用紙を使うときれいにできる。
お店の案内看板に使おうかと思っている。

購入価格は本体と用紙込、5000円ぐらい。いい買い物でした。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ