「じゃん言葉」と映画「高校三年生」  邦画



知人より「高校三年生」のDVDを頂いた。
レンタルで探していたが手に入らなくてどうしようかと思っていたところだから、とてもありがたく早速見てみました。

クリックすると元のサイズで表示します


舞台は繊維の街、一宮市
主演高田美和姿三千子の若々しさが画面からほとばしるという感じです。
特出すべきは先生役の高橋昌也、切れがいい演技とカッコよさは一番です。
舟木一夫はやや狂言回し風のわき役。

自転車通学にかぶさる主題歌、これはまるで日活映画風、当時の青春映画にはこういう場面は必須だったのでしょう。

それにしてもみんな弱者にやさしい。
これは貴重です。


私は不覚にも少し落涙・・・

吉永小百合の初期の傑作「いつでも夢を」をまた見たくなった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ