遊我布とその仲間たち

写真担当の夫と二人三脚のブログです。
小さな布も大切にしながら、眠っていたものがリフォームで甦る。
お花の写真,絵手紙でちょっとひと休み。


 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yugafu
  ☆kiraさん
最近は洋服を全く作っていませんが、小柄で化繊だったら、今はやりのチュニックやオシャレなエプロンなんか良いかな。

「おがで」・・・悩ませてしまいましたね(*^^*)
 漢字で書くと「男鹿での集い」・・・秋田料理の同級生のお店の名前です。
その同級生も4年前に亡くなり、毎年ここで同期会をやっていましたが、本人がいなくなり、なんとなく集まりが遠ざかっていました。
「来年、又元気で会おう」と言う幹事さんの言葉に、私たちもそんな年代に入ってきたのだとしみじみ思いました。




http://blue.ap.teacup.com/10yugafu8/
投稿者:kira
ところで、『おがで』ってなんですか?
投稿者:kira
モダンな柄ですね〜
着物だった時の全体像を見てみたい気分にかられます。

先日、遠縁の叔母さんの形見に、まだ仕付け糸もついたままの着物を
たくさんいただいたんですけど、
普段着用だったので、柄も小柄で生地も化繊のものがほとんどでした。
yugafuさんなら、何にリフォームされるのかしら?と、悩んでます。
このまま、眠らせてしまったら、同じことですしね・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ