2005/1/25  19:00

とりあえず作ってみれば?  Trains

つくづく関東の人っておとなしいと思う。
関西なら「痴漢されたら困るから女性専用車両作ってなー」という声が上がって女性専用車両が登場し、ラッシュ時だけだが各線に登場している(阪急京都線の6300系特急は終日だ)。ところが関東は女性専用車両を求める声がないらしい。

本当なの? あのラッシュ時を我慢するわけ?(゚O゚)

あたしゃ男子だけどやだね。だから早朝出勤するし、座れる席がある駅まで行くからねー。さすが関東の人はおとなしいよ。まぁ「声無き声」はあるらしいけど……。とりあえず作ってみりゃいいのに……。痴漢に悩む女性たちも、痴漢冤罪におびえる男性たちにもいい影響があるかもしれんのにねぇ……。

MSN-Mainichi INTERACTIVE 痴漢抑止:「女性専用車両」増発、警視庁が異例の要請

年々増加する電車内の痴漢事件。警視庁は昨年、東京都迷惑防止条例違反容疑で2234件の痴漢を検挙したが、その多くは電車内での被害だった。痴漢多発に頭を悩ませる警視庁は「女性専用車両」を導入するよう在京鉄道各社に異例の要請をした。昨年末には警視庁幹部が「せめて試験的に」と役員に直接面会し、文書で申し入れた。だが会社側は「混雑を平均化できず、列車の遅れにつながる」などと及び腰だ。
(途中略)
00年12月、京王電鉄が試験運用して徐々に増加。国土交通省によると現在、全国で13事業者31路線で導入されているが、関東では京王電鉄とJR埼京線だけで、8事業者23路線は関西に集中している。

 京王、埼京線の導入は、深夜の下り線だけだが、女性にはおおむね好評で、男性から「痴漢に間違われないで助かる」という声もあるという。警視庁と都は昨年7月、JR東日本や東京地下鉄など鉄道会社と「駅構内・電車内等公共空間における反社会的行為等の防止に関する協議会」を設置。痴漢や盗撮などへの対策を協議してきた。アンケートで専用車両を求める声が圧倒的だったことなどから、各社に対策を要望。昨年12月には、警視庁部長が3社の役員と会い「せめて試験的に区分乗車を実施できないか」と要請文を渡した。

 だが各社の反応は消極的だ。「『東京と大阪は混雑度が違う。東京では難しい』と言いたげな感触だった」(警視庁幹部)という。例えば▽各車両の混雑の平均化を図れなくなり、列車の遅れにつながる恐れがある(東京地下鉄)▽編成ごとに車両数やドア位置も異なり、乗客への案内が難しい。要望も少ない(東武鉄道)−−などが理由だ。複数の鉄道会社が相互乗り入れしている例もあり、自社だけでは決められない事情もあるという。ある担当者は「警察は犯罪抑止しか考えていない。そんな単純なものではない」とこぼす。

 警視庁幹部は「車両単位が無理でも、シルバーシートのように女性ゾーンを設けるなど何か手はあるはず」と話す。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ