2004/6/22  2:34

14時発表を敢えて擁護してみる  NPB(Nippon Professional Baseball)

マジメにぼやいてみよう。:近鉄・オリックス合併会見が残した二つの疑問というBLOGでバファローズに関する会見の疑問点を敢えて擁護してみる。
一つ目は記者会見の時間。昼間、当の近鉄バッファローズが試合をしているさなかに行われたのはいったいどういう了見なんでしょうか。近鉄バッファローズの担当記者は試合に行くべきなんでしょうか、それとも会見に行くべきなんでしょうか。ここに、球団が付属物でしかないという親会社の傲慢な姿勢が見え隠れします。

私はこの記者会見時間を擁護します。何故ならゲームは午後1時から、記者会見は午後2時から。
プレーヤーにとってみれば(どうせ分かるんでしょうが)、ゲーム前に「職場がなくなる話」を聞きたくないのは当然だし、ゲーム後に記者会見をされると今度記者の書くネタがなくなるし、ゲームの話がなくなる可能性も高い。ゲーム前だと夕刊に記事がねじ込まれてしまう(でかい話だし朝刊に載せて欲しいと考えるだろう)。あの時間(午後2時)からの会見は近鉄球団の親心でないかと思ったりもするんですが、いかがなんでしょう。

まぁ、他のことは概ね同意なのですが、やはりパルケエスパーニャ(志摩スペイン村)の大赤字が痛かったんだろうなぁ>近鉄
そう言えば赤字仲間?の長崎ハウステンボスに博多からJRで行くのと志摩スペイン村に名古屋から近鉄特急で行くのとは大体同じ時間(大阪上本町からだともう少し時間がかかる)ということに今さらながら気が付いた(-_-;)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ