2005/12/16  0:03

仰木彬氏、墜つ・゚・(つД`)・゚・  NPB(Nippon Professional Baseball)

近鉄で1度、オリックスで2度(日本一1度)の優勝を果たした前オリックス監督の仰木彬氏が亡くなられたとのこと・゚・(つД`)・゚・
asahi.com:前オリックス監督の仰木彬さん死去
「困った時の仰木さん」「年を取ってもスケベ心満載の仰木さん(近鉄監督時代、ABCラジオのゲストで登場した小宮悦子氏を試合終了後に呼んで嬉しがってたのを覚えてます)」「野茂やイチロー、その他多くの近鉄・オリックス戦士を育てた仰木さん」が亡くなられました・゚・(つД`)・゚・
やっぱり今年のオリックス監督が生命力を奪ってしまったんだろうなorz
ご冥福をお祈りいたします。と言うか70歳になって言われるのは酷だったかもしれないけどまだまだ……活躍して欲しかったよ……(´・ω・`)ショボーン

プロ野球の近鉄とオリックスで監督を務め、大リーグの野茂英雄投手やイチロー選手らを育てた仰木彬(おおぎ・あきら)さんが15日、死去した。70歳だった。球団関係者が同日、明らかにした。
仰木さんは福岡県出身。福岡・東筑高卒。54年、西鉄(現西武)ライオンズ入団。二塁手で活躍した。67年に引退後、西鉄と近鉄バファローズ(当時)でコーチに。
88〜92年、近鉄監督。巧みな選手起用で勝機をつかむ采配は「仰木マジック」と呼ばれた。なかでも88年10月19日、シーズン最終戦にリーグ逆転優勝をかけたロッテとのダブルヘッダーは「10.19 川崎球場」として知られ、パ・リーグの歴史に残る名勝負を演じた。89年、リーグ優勝を果たす。
94〜01年、オリックス・ブルーウェーブ(当時)監督。若手の鈴木一朗選手の登録名を「イチロー」と変えて話題を呼んだ。阪神大震災の起こった95年、「がんばろう神戸」をスローガンに掲げてリーグ優勝。96年、日本シリーズで巨人を倒して日本一となった。
04年、野球殿堂入りを果たした。同年、近鉄と統合したオリックス・バファローズ初代監督に。04年まで3年連続最下位だったチームをAクラス争いするまでに導いた。だが今年9月、体調不安を理由に監督を勇退。球団のシニアアドバイザーに就任していた。

 監督通算成績は勝利数歴代12位の988勝815敗53分け。勝率は0.548。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ