2006/1/9  18:07

【振り向くなよ】野洲、優勝おめでとう!!【振り向くなよ】  News!? Sports!!

今日行なわれた高校サッカー決勝、連覇を目指した鹿児島実(鹿児島)Vs初優勝を目指した野洲(滋賀)。野洲が延長戦の末2Vs1で鹿児島実業を破り初優勝。いや、めでたい!
京都新聞電子版:野洲が初優勝 全国高校サッカー 滋賀県勢の悲願成る
一度は追い付かれ((;゚Д゚)ガクガクブルブル状態だったのを見事に延長で決め、滋賀県勢としては5年ぶりの決勝進出を見事優勝で決めましたとさ。
これで俺の「関西の高校サッカーは滋賀県が強い」という認識が更に強化されたな(-_-;)
ちなみに野洲は県選抜に11人送り込んで国体で3位入賞してたのね(-_-;)

サッカーの第84回全国高校選手権最終日は9日14時5分から東京の国立競技場で決勝を行い、滋賀の野洲が2−1で2連覇を狙った鹿児島実(鹿児島)を破り、滋賀県勢として初の優勝を飾った。
 決勝初進出の野洲は前半23分にGF荒堀のヘディングシュートで先制。後半34分に同点とされ延長に入ったが、延長後半7分にFW瀧川がゴールを決め、競り勝った。滋賀県勢は通算3度目の決勝進出で悲願を達成した。
 大会2度目の出場の野洲は準々決勝で大阪朝鮮(大阪)を1−1の同点の末、PK戦で破った。準決勝では持ち味の速いパスサッカーで多々良学園(山口)を1−0で破り、滋賀県勢として第79回大会(2000年度)の草津東以来5年ぶりになる決勝に臨んだ。

(前略)
県選抜チームに11人を送り込んだ国体では3位に入った。それだけの選手がそろいながら、新人戦やインターハイ県予選では試合内容で勝りながら頂点に立てなかった。山本監督は「苦い経験が選手を成長させた」と話す。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ