2006/11/16  6:56

松坂60億円ですか……  NPB(Nippon Professional Baseball)

西武・松坂のポスティングシステムでの入札額が日本円で60億円ですか……30億とかなんとか言ってたので結局は倍額だったのですね(^^;

SANSPO.COM:松坂、イチロー&ゴジラと対決だ!レッドソックス60億円で落札

この記事書いてないけどレッドソックスGMのエプスタイン氏って32歳と若い(就任時が28歳、一度辞めて復帰)んだよね……。てか俺と「同級生」(1973年12月生まれ)じゃねーかorz

まぁそれはともかく松坂にはパ・リーグ出身者として金額に恥じない活躍をしてもらいたいです(`・ω・´)シャキーン

ポスティングシステム(入札制度)で大リーグ移籍を目指す松坂大輔投手(26)の独占交渉権をレッドソックスが落札。落札額は5111万1111ドル11セント(約60億円)の破格値だったことが15日、日米で発表された。レ軍では正式契約を待たずに松坂を4.2開幕ロイヤルズ戦から4.12マリナーズ戦、4.22ヤンキース戦で起用する案が浮上。イチロー、松井秀との注目の日本人対決がいきなり実現する可能性が高まった。
“世界の怪物”は一点の曇りもない、晴れ晴れした表情で現れた。レッドソックスが史上最高の約60億円で落札したことが正式発表され、松坂は成田空港で早くも新天地での意欲をのぞかせた。
「一番対戦したいのはイチローさん。松井(秀)さんもいらっしゃいますが、ボクの中ではイチローさんですかね」
白いジャケット姿の松坂がまず名前を挙げたのはマリナーズのイチロー外野手(33)。レ軍はア東地区の名門。同地区には宿敵のヤンキースがいるが、誰よりもWBCでともに世界一に輝いた“戦友”イチローとの夢対決を熱望した。
話はルーキーだった1999年にまでさかのぼる。5月16日、西武ドーム。当時オリックスで不動の地位を築いていたイチローとの初対戦で3三振1四球とほぼ完璧に抑え込んだ。試合後、ヒーローインタビューで18歳の松坂はこう語っている。「自信が確信に変わりました」−。
今年3月、WBCで日本代表を率いた頼もしい姿は松坂にとってあこがれ、目標であることに変わりない。イチローは後輩に「ちゃんと練習してこいよ」とエールを送った。再びルーキーとして臨むメジャー1年目、再会に、松坂の心が躍るのも無理はなかった。
夢の対決を心待ちにしているのは松坂だけではない。レッドソックス首脳も同じだった。
レ軍は今季、先発不足に悩まされ、ア・リーグ東地区3位に転落。V奪回に開幕ダッシュが欠かせないのは明らか。
そこで松坂を開幕直後中4日の必殺ローテで回す案を検討。4.2カンザスシティーでのロイヤルズ戦で2000年の野茂英雄投手(38)=当時タイガース=以来となる日本人2人目の開幕投手を務めた後、中4日で4.7レンジャーズ戦(アーリントン)に先発。
さらに中4日で本拠地フェンウェイ・パークのお披露目となる4.12のマリナーズ戦でイチローと初対決。再び中4日で4.17ブルージェイズ戦(トロント)先発の後、4.22本拠地、4.27ニューヨークで宿敵ヤンキースと初対戦。怪物Vs松井秀喜外野手(32)もいきなり実現する。
松坂の開幕直後からの起用は経営的にも放映権交渉、グッズなどの営業面、さらに日本人観光客による動員力など波及効果が期待されている。
松坂はボラス氏との打ち合わせに備え、ロサンゼルスに向け出国。現地ではトレーニングも続ける。「プレッシャーはあるけど、いい成績を残して敵地でブーイングを浴びたい」。怪物伝説インUSA。その瞬間は刻一刻と近づいている。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ