2006/11/30  23:08

なんか、狂ってないか?  News!?

日本経済新聞朝刊に連載され、一部で熱狂的な人気を(違う意味で)博した渡辺淳一氏の「妄想満開の」小説、愛の流刑地、なんか映画が出来たそうで……。(映画が出来るって話は以前にしたと思う)
映画『愛の流刑地』

えーと菊治が豊川悦司で冬香が寺島しのぶな時点で「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」なところだったんですが、菊治の年齢が
55歳から45歳に落ちてるヽ(`Д´)ノ
ハイ、この時点で菊治の世間から落ちぶれ、高年齢に差し掛かってるダメ中年が単なる世間から落ちぶれてる中年に代わりましたよとヽ(`Д´)ノ ちなみに冬香の旦那役は仲村トオル……。
で菊治が分かってもらえてると勘違いし過ぎた織部検事にハセキョン(長谷川京子)ってちょっと待て……。更に冬香の「友人」に浅田美代子……っていくら寺島しのぶがおばさんに見えるからって、いくら浅田美代子が少し若く見えるからっていくらなんでもそりゃねーだろヽ(`Д´)ノ
て更に菊治の娘が出てくるって息子じゃなかったのかよヽ(`Д´)ノや、「菊治の友人」のはずの出版社の親父が津川雅彦工エエェェ(´д`)ェェエエ工てほとんど原作無視してんじゃんヽ(`Д´)ノ

てか映画のストーリーを読んだら原作どこ行ったの?工エエェェ(´д`)ェェエエ工状態なんですが……。

こんなん、俺や私たちの「愛した」(?)愛ルケやないやいヽ(`Д´)ノ

映画は絶対に見に行かねーぞヽ(`Д´)ノ ビデオも絶対に見ねえぞヽ(`Д´)ノ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ