2007/11/27  23:44

大阪のラグビー強豪校同士が経営統合へ  News!? Sports!!

家から見える学校が当事者な部門より

大阪のラグビー強豪校としてその名を馳せている啓光学園(大阪府枚方市)と大阪工業大学高校を持つ大阪工業大学摂南大学(大阪市)が年明けにも経営統合するんだと。ソースはasahi.comから。
大阪工大と啓光学園、年明けにも経営統合 学校は存続
どちらも京阪電車沿線にあり、また全国高校ラグビー大会にも何度も出場しどちらも全国制覇の経験があるつー学校の経営統合ですか……。ちなみに大阪工大高は57回、61回、68回、75回大会で、啓光学園は71回、78回、81-84回大会でそれぞれ全国制覇。第78回大会は決勝が両校同士の争い。関係ないが第78回大会以来9回連続して京阪沿線の高校が優勝し、第75回以来12年連続して京阪沿線の高校が決勝に進出しているという罠。
まぁ学校同士が統合する訳ではないので切磋琢磨して頑張って欲しいぞ(`・ω・´)シャキーン

ちなみに俺が中学生までの頃は両方ともア○が行く学校だったな(ぼそ)

大阪工業大学などを運営する学校法人・大阪工大摂南大学(大阪市)と、全国高校ラグビー大会で4連覇した学校法人・啓光学園(大阪府枚方市)が年明けにも、経営を事実上統合することが26日、明らかになった。少子化が進んで、両法人とも学生・生徒を確保することが難しくなっており、中学から大学までの「一貫教育体制」を実現して教育機関としての魅力を高め、勝ち残りを目指す。12月初旬に正式発表する。
受験生と募集定員の数がほぼ並ぶ「大学全入時代」を迎え、複数の大学を運営する大阪工大側は、中学から大学までの一貫教育体制をつくるため、付属中学校の開設を検討してきた。
一方、中学・高校を併設する啓光学園側は、安定した系列の進学先がないこともあって、90年代は300人前後いた入学者数が、ここ数年は200人以下に。生き残りのためには進学実績の向上が欠かせず、教育体制の充実が期待できる大阪工大との統合が得策との判断に傾いた。
両校は26日に理事会を開き、統合の基本方針をそれぞれ承認した。学校法人同士は合併せず、啓光学園の理事会(7人)の過半数を大阪工大側が得ることで、実質的に経営統合する。それぞれが運営する学校はそのまま残る。
統合に伴い、啓光学園は来年4月から学校名称を「常翔啓光学園」に改め、男子校から男女共学校に変更する。大阪工業大学高校は、来春から「常翔学園高校」に名称変更することがすでに決まっている。啓光学園高校と大阪工業大学高校はともに、大阪を代表するラグビーの強豪として知られている。
大阪工大摂南大学 1922年に関西工学専修学校として創設。大阪工業大学と同高校のほか、摂南大学、広島国際大学を運営。学生・生徒数は全体で約21,000人。卒業生は20万人を超える。
啓光学園 カトリック系の学校として、57年に中学、60年に高校が開設。高校ラグビー部は01〜04年度の全国高校ラグビー大会で4連覇を達成した。生徒数は中・高校で約600人。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ