2008/1/26  8:09

らいてふ  Trains

大阪と金沢を結ぶ特急「雷鳥」が2011年春頃を目処に新型車両に置き換えられるそうで、ベタな場所での写真を置いときますね。

クリックすると元のサイズで表示します
(2007年8月25日、東海道線高槻−山崎)

噂的には既に置き換えられているはずだし、まだまだということはJR西日本のことだから北陸新幹線開業まで置いとくのかな、と思ったらやっぱり置き換えちゃうのね(^^;

で状態のいい車両は北近畿とかあっちの方に回すのかね……

asahi.com:特急「雷鳥」に新型車両導入へ JR西日本

大阪―金沢間を走る特急列車「雷鳥」(8往復)について、JR西日本は24日、今後3年間で約200億円を投じ、すべて新型車両に交換すると発表した。2015年春に予定されている北陸新幹線長野―金沢間の開業前に、関西と北陸を結ぶルートのてこ入れを図る考えだ。
「雷鳥」は1964年に運行を開始し、一時は1日12往復が走った。ただ、国鉄時代からの車両のままで老朽化が進み、乗客から「快適性の面で劣る」と苦情が出ていた。JR西は95年からほぼ同じ区間に「スーパー雷鳥」(サンダーバード)として新型車両を投入し、現在は15往復に増強されている。
新型車両は「サンダーバード」をもとに製作され、一部は来年から登場する予定。東海道・山陽新幹線の「N700系」同様、座席はすべて禁煙席とし、一部に喫煙ルームを設ける。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ