2月の映画  movie

クリックすると元のサイズで表示します『幸せのちから/The Pursuit of Happyness』観てきました。

この作品はクリス・ガートナーという企業家の半生を描いた実話。
愛する息子のために、どん底の極貧にもめげずに
決して夢をあきらめず突き進んだ、父親クリスのサクセスストーリと、
クリスの支えになっていた息子との父子愛が強く描かれた感動作。

ストーリーの半分以上は、必死に生きる二人を観ていて
胸が苦しくてとっても切なくなった。
でも、どんな状況でも夢を忘れず、幸せの追求をし続けて
遂に幸せを手に入れた時は、本当にうれしくて、涙が出た。
「夢は叶う」。まさにアメリカン・ドリーム。
欲を言えば、成功後の幸せな生活風景をもう少し見たかったな。

最悪のときに流れた涙と、
最高のときに流れた涙がとっても印象的だった。


0



2007/2/8  12:54

投稿者:sAchi

トモカ☆
ほんと、ほんと。
クリストファーかわいかった〜
実の親子だったから息ピッタリで自然だったね。

2007/2/8  11:05

投稿者:トモカ☆

観たよぉ〜!!
信じること愛することって
計り知れないパワーがあるんだなぁ
って感じたよ☆
スミス息子可愛かったぁ!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ