オートバイ道草記

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Koike
 最近雑誌で、80〜90年代のオートバイ特集なんかがよく組まれて懐かしく思うんですが、今では存在しない絶滅種って感じですよね。当時乗っていた人は若かったはず。それが今乗ると、当時とは違ったものを感じるはず。510とSDRのように、新しいのと古いのと両方乗るのは時代の違いも感じられていいですね。
ジェネシスEGのFZR、アプリリアRSに採用されたEGのVガンマ、耐久レース ジムカーナ 警察 教習所等幅広い活躍のRVFいずれも大好きな車体です。今日もハスク510とSDRで幌鹿峠を2往復づつ走りました。小池氏の言われるとおりSDRのもともと有った良さを攻め込むほどに感じました。同時に増えすぎた体重が車体に無理をさせているのも感じました・・・。僕の場合 年と共に「老いる」ではなく「肥える」の様です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ