2011/8/7

HD ケースボーリング  SHOVEL

クリックすると元のサイズで表示します


普通の仮組みしているようにも見えますが・・・

クランクケースをボーリングして3・5/8ボアのシリンダーが組める様にしてます。

クリックすると元のサイズで表示します


エンジンとしては組み上げると見えませんけどね!

クリックすると元のサイズで表示します

このオイルラインのプラグが微妙な位置にあるのでこれを最大径としてボーリングしました。なにも考えずにボリボリ削ると抜けそう。

クリックすると元のサイズで表示します


それでもリア側のボルト穴は微妙に貫通してしまいます。これだとボルトは入りますが・・・。油がボルト穴経由で漏れそうなのでシールパッキンがシール付きのワッシャが必要ですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーのツバが入る部分だけでボーリングは止めてあります。

クリックすると元のサイズで表示します


仕上がるとこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します


新品のシリンダーを見ていてヘッドから降りてくる油穴が不思議な通路になってます。そのまま組むと油が逃げる所がありません。多分ケース本体に油穴が開いているタイプに使うのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します


今回は油穴を途中に開けてケース内に戻します。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストン径に合わせてホーニングしたりと色々手間は掛かりましたがこれで安心です

と思いましたが!

ヘッドとシリンダーの勘合部も拡大する必要がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


ボーリングバーが活躍してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


これでいけるかな?
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ