2012/10/15

クランク芯出し  バイク

現状復旧。

クリックすると元のサイズで表示します


スプロケット側ローラーベアリング。

クリックすると元のサイズで表示します


ピニオン側ローラーベアリング。

クリックすると元のサイズで表示します


オイルポンプ駆動用ギア。このギアを固定するサークリップはいつも微妙取り付けが難しい。
クリックすると元のサイズで表示します


ポンプ内部のキーも交換しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


ギアをケースに貼り付けてから組み立て。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ポンプの内部にも仕掛けがありますね。確認して組み付け。

クリックすると元のサイズで表示します


リリーフ弁もボールを交換、テンションを調整。

クリックすると元のサイズで表示します

カム周りのあわせマークを確認すれば間違いなく組めますね!

クリックすると元のサイズで表示します


最近ハーレーのクランクが続いてる気がするtaniです。

クリックすると元のサイズで表示します


マイクロメーターとシリンダーゲージが必要な作業です。

あとは根気か・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


このクランクは一度オーバーホールされているという話でしたがエンジンの他の部分を見て不安になったので一応分解したレベルです。

クリックすると元のサイズで表示します


ニードルベアリングとクランクピンの寸法を測定しながらコンロッドのレース部分をホーニングします。

クリックすると元のサイズで表示します


ハーレー指定の寸法にバッチリ入りました。

クランクケースを分解したのでシールも交換です。

クリックすると元のサイズで表示します


スプロケット側のレース部分を測定しながらホーニング。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてシールを組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します


つづく。
10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ