2012/10/11

エンジン屋  バイク

クリックすると元のサイズで表示します


バイクのエンジンばっかり加工しているという事ではありませんよ〜。

発電機用のディーゼルエンジンのオーバーホール作業です。

バルブガイドなど消耗した部分を交換していきます。

クリックすると元のサイズで表示します


今回はノズルチューブという部品(左が新品、右が古い部品)を交換します。

クリックすると元のサイズで表示します


時間的には16000時間を全負荷で使用したエンジンなのでこれからもう16000時間ほど分解せずに済むように作業していきます。

発電機で16000時間使用はトラックでいえば高速道路を時速100キロ、フル積載で走った状態に近いと言われてますの。大体160万キロを走行した感じです。

クリックすると元のサイズで表示します


新品のガイドとノズルチューブ。磨耗が激しければバルブガイドの間にあるブリッジガイドポストも交換しますがオイル管理のおかげでまったくといっていいほど磨耗してません。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブとの当たり面も正規の状態にします。

ヘッドがデカイので作業はまったりと行ってます。手でも挟むと痛いです
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ