2013/5/4

カワサキZ系ヘッド  バイク

ヘッド面も最少面研を行います。

クリックすると元のサイズで表示します


ステムシールはカワサキ純正です。色々流用ができる物もあるのですが・・・。やはりある程度のオイルが下がらないとガイドとバルブが焼き付いてしまうので純正を選んでます。

ある意味純正品でダメならメーカー責任、社外品や流用品の場合は選択した責任が発生するので「逃げ」かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します


カムは純正のカムが焼き付いていて再使用できないのでウエブカムを選択。

クリックすると元のサイズで表示します


カムも色々メーカーがありますが今のチョイスはコレが間違いないかなと考えてます。

選択してお勧めした責任はやはりtaniにあるのでちょっと使っただけでジャーナルがダメになるような物は使えません。

バルブクリアランスの調整のためバルブステムエンドをカットしてシムは変更無しでいけました。

オーナーさん、もうチョイです。

カワサキのヘッドを定期的な修理で整備。

排気側のカーボンがかなり溜まってます。

クリックすると元のサイズで表示します


摺合せだけで済むかと思い軽くやってみるとこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


カーボンを噛み込んで凸凹になってます。

このままではうまくいかないので軽くシートカット。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブも再研磨して仕上げていきます。

クリックすると元のサイズで表示します


これで普通のエンジンに戻りますね!
13



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ