2014/1/21


クリックすると元のサイズで表示します


寒いので狭い事務所内に引きこもりです。


あまり考えてしょうがないので安い、早い 簡単な方法で一度バルタイを取ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します


バルタイをきちんと出さないとバルブとピストンとのクリアランスがワカランし。

クリックすると元のサイズで表示します


ギリギリな事をすると確認が必要です。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ビューレットなどで燃焼室容積も測定したのでエンジンのスペックとしての把握はできました。

ビックバルブ+面研(圧縮比10.7)、バルタイ(吸気開BTDC9度)でどんな感じになるのかオーナーに確認してもらいましょう。

10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ