PAN腰下組み立て  SHOVEL

フライホイール周りが済んだらピストン組み込み。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダとのクリアランスなどを地道に記録しながら作業します。

クリックすると元のサイズで表示します


リングは汎用のリングコンプレッサーを使用。意外にオイルリングが引っ掛かりやすいので要注意です。

クリックすると元のサイズで表示します


なんとなく形が見えてきたね!

クリックすると元のサイズで表示します


腰下を組む際にフライホイールに組むニードルベアリングとケースのアウターレースとの寸法合わせが必要です。そこで登場するのがラッピングツール。これでノンビリグルグルとやって行きます。

クリックすると元のサイズで表示します


左手側は使用するベアリングを使って芯出しするような構造です。

クリックすると元のサイズで表示します


なんどもケースをフライホイールに被せてみてすんなりと入り抜く時にニードルベアリングがひこずらない(横に引っ張り出されない)状態になるまで行います。

クリックすると元のサイズで表示します


それが済んでからTIMKENと呼ばれているプライマリー側のテーパーローラベアリングを組んで行きます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


そしてケースを組んだ状態でフレの確認。

フライホイール単体で測った値と一緒でしたので異常無です。