2014/8/4

Zインナーシム化  KAWASAKI

クリックすると元のサイズで表示します


よくインナーシム化という言葉を聞きますがtaniはついBITO製のビックバルブキットを購入したりして組み上げるのでその辺のノウハウに興味があまり無かったんですね。

今回は色々と組み合わせをしてみて理解できました。ヨシムラ製角溝用リテーナーだとこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します


まず今回使用するバルブは角溝タイプのベスラ製バルブと純正角溝コッターを使いゼファー用のリテーナと組み合わせます。

クリックすると元のサイズで表示します


シムを載せるとダメな雰囲気。一番薄いシムでもこれだけ飛び出ていれば使う気になれません。リテーナ―に入る部分が0.7ミリで飛び出しが1.3ミリ。

クリックすると元のサイズで表示します


角溝でないタイプで今度確認が必要かも?

そしてクリアランス確認。

クリックすると元のサイズで表示します


ちなみにカムは吸気・排気とも見えてますが片方しかカムホルダーを締め付けてません。こうすれば不用意な吸気バルブと排気バルブの干渉も防げます。

こんな感じで進んでます。
7
タグ: Z1 Z2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ